全印工連から最新情報をお知らせしています。

第6回メディア・ユニバーサルデザインコンペティション受賞作品が決定



 MUD事業推進室(森永伸博 委員長)は、全ての人に優しく、より多くの人が快適に利用できるデザインの普及を目的とした「メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)活動」の一環として、第6回となる「メディア・ユニバーサルデザインコンペティション」を開催し、2012年12月18日(火)に日本印刷会館2階において審査会が行われました。
 今回の応募総数は321点(一般:130点、学生191点)。ポスターやカレンダーなどの印刷物から、パッケージや標識の見せ方の提案まで、工夫を凝らしたさまざまな作品が出品されました。
 審査員からは、発想豊かな作品が多くレベルが年々上がってきているという評価や、色使いのルールにとらわれ過ぎず冒険してほしいといった厳しい指摘もされ、審査では白熱した議論が交わされました。また審査会後の講評では、企業や地域や学校と連携し、コンペを通して製品化やMUD活動への賛同者が増えてほしいとの要望も上がりました。

 なお、表彰式は2013年3月下旬の開催を予定しています。



●審査結果はこちらをご覧ください。
http://www.aj-pia.or.jp/pdf/130308_mud_shinsakekka.pdf

 

COPYRIGHT(C) 2001 全日本印刷工業組合連合会