全印工連から最新情報をお知らせしています。

オフセット印刷工場用VOC警報器XH-981Gのキャンペーン販売を開始
―VOCから社員を守る―



 全印工連ではこの度、オフセット印刷工場用VOC警報器XH-981Gのキャンペーン販売を開始しました。
 本警報器は、2012年に発生した胆管がん問題を契機としたVOC(揮発性有機化合物)による健康被害対策の一環として、一般社団法人日本印刷産業連合会が警報器メーカーの新コスモス電機鰍ニ共同開発し、従来のVOC測定器と比べて、大幅に安い価格での提供を実現しました。
 VOC警報器は印刷機械へ設置後、VOC濃度が一定レベルを越えると検知して警報を鳴らし、保護具の利用や洗浄剤使用量の抑制、空気の換気などといった作業工程の見直しを印刷会社へ促します。警報発令の開始時刻・終了時刻を記録すれば、作業条件と照らし合わせて高濃度発生の原因を突き止めることも可能になります。なお、交換期限は2年であり、期限が過ぎると、機器からランプの点滅と音声にてお知らせします。お申込み方法の詳細は、こちらをご覧ください。


 

■オフセット印刷工場用VOC警報器XH-981
 販売価格:27,000円(税込)※組合員特別価格

■使用方法説明動画
 https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=5cawaFK0IWg

■機器に関するお問い合わせ
 新コスモス電機株式会社 営業開発部
 TEL:(06)7668-8577




COPYRIGHT(C) 2015 全日本印刷工業組合連合会