全日本印刷工業組合連合会(略称:全印工連)は、昭和30年9月、全国各地の印刷工業調整組合が結集し、中小印刷業界の全国団体として結成されました。その後、中小企業団体の組織に関する法律の施行に伴い、組織および名称変更を行い、さらには沖縄県の復帰 等を経て、47都道府県印刷工業組合を傘下とする現在の全国組織が形成され、 中小印刷業界の経営基盤の強化と発展を期して業界運動を展開しています。
 情報メディアとして産業活動および社会生活に不可欠な印刷物は、わが国経済の発展とともに需要も増大し、製品の多様化、品質の高級化がすすんで印刷業界は質量ともに飛躍的な成長を果たしました。
 その間、日進月歩の目まぐるしい技術革新が続き、特に近年はデジタル技 術が全面的に導入され、印刷業の生産技術、生産方式、生産効率も大きな変革 を遂げましたが、経済環境の激変・産業構造の変革がすすんで、国の中小企業施策も個別企業の自立支援へと大きく方向転換し、印刷情報産業として抜本的な対応を迫られています。
  このため全印工連では、2008年を目途とした「業態変革推進プラン−全印工連2008計画」を策定し、新たな飛躍を期して、その具現化へ向けて諸事業を展開しています。

●会長挨拶

●全印工連のあゆみ

●印刷産業人綱領

●組織・委員会機構図、役員名簿

●工組所在地一覧

●全印工連の事業

●全印工連の主な行事

●所在地・アクセス

 

COPYRIGHT(C) 2001 全日本印刷工業組合連合会